社保手続き/いしわ社会保険労務士事務所(東京都、神奈川/埼玉、千葉)

いしわ社会保険労務士事務所(東京都、神奈川/埼玉、千葉)|社保手続き

社保手続き

~社会保険加入手続きの概要~
■加入形態について
社会保険の加入形態には、強制加入と任意加入があります。
〇強制適用事業所
法人は経営者や社員の意思に関係なく、強制加入が義務付けられています。
〇任意適用事業所
個人事業主などの場合は強制適用されないため、日本年金機構の許可を受けて任意に加入することができます。(従業員の半数以上の同意が必要)
但し、非適用業種(農林水産業、飲食店、美容室、旅館、士業者、神社、教会など)以外の個人事業主の場合は従業員が5人以上いる場合は適用事業所となります。

■社会保険の内訳について
一般的に「社会保険」と言われているものには、以下の保険が含まれています。
〇労災保険
〇雇用保険
〇健康保険
〇厚生年金保険

■社会保険加入方法
社会保険の加入手続きは、対象となる社員が入社してから5日以内に行わなければなりません。届出先は、事業所の所在地を管轄する年金事務所で、健康保険・厚生年金保険新規適用届を郵送または窓口へ持参します。また最近では「電子申請」も可能になっています。
また、法人を新規で設立した場合も設立と同時に新規適用事業所となりますので、事業を開始した日から5日以内に下記添付書類と提示書類を添えて手続きを行わなければなりません。

■新規適用事業所の提出書類
〇提出書類
・新規適用届
・新規適用事業所現況書
〇添付書類
・登記簿謄本、任意加入の場合は事業主の住民票(発行から3ヶ月以内のもの)
・事務所の賃貸借契約書
・保険料口座振替依頼書
〇提示書類
・労働者名簿
従業員の履歴を必ず記載します。
・出勤簿
出勤簿がない場合はタイムカードでも可能。
・賃金台帳
給与の支払い明細がわかるようにして提示する。
・源泉所得税の領収書
新規適用事業書の場合は、源泉所得税の領収書がないため、事業開始等申告書や源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書を提出します。
・銀行通帳のコピーなど

いしわ社会保険労務士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 介護事業介護事業

    〜介護事業の種別とその内容〜 介護事業とは、要介護状態となった介護...

  • 給与計算を社会保険労務士に委託する前に知っておきたい知識給与計算を社会保険...

    ~給与計算の基本と押さえるべきポイントについて~ 給与計算は従業員...

  • 会社設立に受給できる助成金会社設立に受給でき...

    会社を設立する際には、資本金や設備投資、雇用などにおいて多くの資金...

  • 人事管理制度人事管理制度

    ~事業戦略実現のための人事管理制度~ 日本企業の人事管理制度は、長...

  • 試用期間中の社会保険はどうなる?試用期間中の社会保...

    ■試用期間中従業員の身分と社会保険 試用期間中、使用者と労働者は解...

  • 賃金賃金

    〜年間労働時間は何時間に設定することが理想なのでしょうか〜 年間所...

  • 裁量労働制問題点裁量労働制問題点

    〜裁量労働制ってどんな制度?〜 通常、会社の従業員は労働時間を会社...

  • 労働基準法における賃金台帳労働基準法における...

    賃金台帳とは、企業が従業員に対して賃金を支払ったその都度、次に掲げ...

  • 社保手続き社保手続き

    ~社会保険加入手続きの概要~ ■加入形態について 社会保険の加入形...

社保手続き|いしわ社会保険労務士事務所(東京都、神奈川/埼玉、千葉)

ページトップへ